ネット掲示板やSNSで誹謗中傷を受けたらどうしたらいい?

ニュース
スポンサーリンク

ネット掲示板やSNSで誹謗中傷をされた。
傷ついた。
ということは、ネット掲示板に書き込んだりSNSをしているとでてくる問題です。
昔の話になりますが、誹謗中傷をされたときにどうしたかの体験談を書いていきます。

スポンサーリンク

ネット掲示板やSNSで誹謗中傷する行為

facebookは実名登録です。
しかし登録時に本人確認などがないため、偽名でも登録できてしまいます。
なのでまじめに実名で登録をして、偽名の人から誹謗中傷を受けたという例もあります。
ネットでの誹謗中傷はどうなのか。
受けた側の地位や名誉が傷つくことなら名誉毀損です。
あることないことはもちろんのこと、実際のことでも名誉毀損にあたります。
誹謗中傷は名誉棄損になることがあります。

誹謗中傷コメの体験談

もし自分が誹謗中傷されたらどうするか。
スマホが普及し始めたころの話にトラブルがあったときのことを紹介します。

ネット掲示板にわたしに対する誹謗中傷のコメントがされました。
匿名なのでだいぶぶんの人たちには誰なのかがわかりませんが、一部の人間は現実のわたしと相手を知っています。
現実であったことなくても、そのネット掲示板上でコメントを返す人ばかりです。
その中で中傷されまして、とても傷つきました。
もともとその相手はネット掲示板に従業員の悪口や顧客の悪口を書いていて、とても代表者としてやっていい行為ではないと内輪で問題になっていました。
中傷されたのは仕事を辞めたあとなのですが、ちょっといただけないと思いました。
ま、わたしとしてはコメントを削除してもらえたらよかったのです。
でも、本人に削除シロといっても応じるような相手ではありません。
なので、警察に連絡しました。

警察の話では
書かれた内容を削除してほしい場合は内容証明でその旨を送るのがいい

しかしこうも言いました。
内容証明を送ると、相手が逆上して悪化することがある。

つまり、何もできない。ということでした。

まじか・・・。

誹謗中傷は2種類で

我慢できない場合は名誉棄損で訴えることです。
被害届を出しましょう。
名誉毀損は刑事罰です。

もしわたしのように警察が動いてくれないのなら(当時はネットの中傷なんてまったく相手にされませんでした。スマイリーキクチさんの事件がいい例です。)、名誉棄損を民事で訴えることです。

刑事訴訟と民事訴訟のどちらかで訴えることを考えましょう。
民事訴訟だと勝訴すれば相手に弁護士費用や裁判に罹った費用と慰謝料も請求できますから。

でも、名誉棄損にあたらない例もあります。
刑事罰にするなら被害届を出さないといけません。
名誉棄損罪は親告罪なので。

またその行為にたいして「腹がたった」程度では名誉毀損にはあたりません。
そのコメントであなたの世間に対する目が変化(悪い意味で)しなければなりません。
そのコメントのせいで仕事が少なくなった、社会的信用がなくなったなど、利害がでなければいけません。
わたしの場合は利害がでなかったのでまだよかったと思わないといけませんね。
利害がでているのに警察が相手にしないで泣き寝入りが一番最悪ですから。

まとめ

ネットで誹謗中傷は今に始まったことではありません。
いまごろ法律でネットの誹謗中傷の対策をって遅すぎです。
匿名で投稿のできるサイトは誹謗中傷は無法地帯ですし、匿名だからなんでもかけます。
個人が特定されることはありません。
とはいいますが、投稿したら運営側にある程度特定されます。
なので、いま匿名のアカウントだからと誹謗中傷コメントを書いたら個人特定されます。
やばいと思ってコメントを削除しても無駄です。
キャッシュで残っています。
もちろんgoogle側のキャッシュでみたら残っています。
罪は免れません。

 

ついついネット掲示板やSNSをしてしまいますが
自分に対しての誹謗中傷コメントを見ると落ち込みます。
ネットのコメントが現実で会う人たちが言っているかのように錯覚します。
なので、もしコメントを見て落ち込んでしまったら、いますぐインターネットを辞めてください。
スマホの電源を切るか、電話以外の機能をオフにしてください。
そのまま誹謗中傷のコメントが目につく生活をしていたら、絶対心に病気を持ちます。
そのコメントは、心無いのが(あえて人とはいいません)心に思ってないことを書いただけです。
そんな心無い言葉を目にしないでください。
そして、もう見ないでください。
そして毎日鏡にうつる自分に向かって

「あなたは素敵だよ。ここにいていいんだよ。」

って言ってください。
決して身内が悲しむようなことをしないでください。
法律で規制しても、誹謗中傷はなくなりません。
だから自分たちで防衛するしかありません。
誹謗中傷コメントは「見ない」
これしかありません。

誹謗中傷コメントしている人に
あなたの一言で傷つく人がいて楽しいでしょうね
でも次は
アナタノバンデス

 

ニュース 犯罪
スポンサーリンク
kyoro2をフォローする
けいこの役立ちブログ
タイトルとURLをコピーしました