猫のトイレにはシステムトイレ 臭いがしないので超オススメ

猫は体を自分でなめるのでお風呂の必要があまりありません。
でも臭います。
それはなぜかというと、おしっこやうんちの臭いなのです。
砂のトイレに残るうんちの臭いだったり、おしっこがとびちっていたりします。
また、夏場ではすこし放置しておくとコバエが発生します。

猫のトイレは砂が基本

猫は基本、砂があるところにおしっこやうんちをします。
警戒心のある猫だと、人がよく通るところでは安心して排泄ができないので、トイレをおく場所によって排泄しなかったりします。
トイレは人気のないところに置くのがいいですね。
排泄をしているところは、人間と同じで猫もみてほしくないでしょうから、トイレに入ると周りがみえなくなるトイレが安心して排泄できると思います。

臭いが気になるならシステムトイレ

砂のトイレだと、砂が安くてコスパは良いのですが、どうしても臭いが気になります。
そんなときはシステムトイレです。
システムトイレとは、おしっこは砂に吸収されずに下におちます。
したにはペットシートがあり、おしっこはペットシーツにしみこみます。
うんちは砂の上にたまります。
毎日の掃除は、上にたまったうんちのみ。
1匹の場合は、1週間に1回ペットシーツを換えるだけ。
多頭飼いの場合は、多頭用のペットシーツがあります。
そちらを下に敷いておくだけ。
1カ月に1回は、砂も交換してトイレごと水洗いしたら臭いはなくなります。

システムトイレの欠点

臭いの少ないスシテムトイレなのですが、やはり欠点があります。
砂が高い。
普通の砂ではないため、値段が違います。
メーカーはトイレ本体のメーカーと一緒のものがいいのですが、それが高い。
汎用のシステムトイレ用の砂を買っています。
トイレ本体を買ったときについている、掃除用のスコップ。
これが砂の大きさにあわないので、うまくとらないと砂ごとうんちをとってしまうことになります。
安いシステムトイレようの砂はあります。
でもトイレ本体と同じメーカーのものをそろえることをおすすめします。

システムトイレは猫にもいい?

システムトイレは猫にとってどうなのでしょうか?
猫自身に聞いてみないとにゃんともわかりませんが。
うんちを処理してあげていたら、普通の砂ではおしっこと砂がまざって固まっているのがなくなるので、臭いも少ないし、猫にとっても最適のトイレだと思います。
臭いがぜんぜん違うし、猫も臭うトイレだとしたくないみたいです。

まとめ

トイレが臭うと、人間の服にも臭いがついてしまいますし、家全体ににおいがひろがります。
システムトイレはおしっこがペットシートに吸収されるので、そんなに臭いがしません。
猫も臭いがするトイレに排泄はしたくありません。
臭いがすくなるトイレは猫も大歓迎なのです。
トイレ本体から買い替えないといけませんが、臭いがすくなるくなることを考えたら、悪いものではありません。
臭いが気になる人は、多少高くてもシステムトイレにしてみましょう。